「高橋名人のゲーム35年史」という本が出版される→読みました。

ゲーム

80年代、日本中の少年少女を夢中にしたゲームの達人、高橋名人。
正体はハドソン社の広報担当者ですが、脅威の16連射をみんな真似したものです。
ちなみに私は12連射くらいが限界でした。

この高橋名人がこのたび、自身の生い立ちから名人誕生秘話、名人時代の逸話などを語る本を発売されました。
高橋名人対毛利名人が映画で対決したことや、逮捕された説などについて触れられているということです。

逮捕説……ありましたね。
確か、一日警察署長をしたことが間違って伝わったとか。
逮捕された理由はボタンにバネを入れて、連射をごまかしていて、子供を騙したからだとか。
後に本当にバネを入れたら楽になるのか、名人は試されたそうですが、かえって押しにくくて大変だったようですよ。
あと、死亡説もありました。
これも連射がらみで、薬を使って手を震わせて連射をしていたとされていて、薬の使いすぎで死んでしまったとか。
誰がこんなネタを考えたのでしょうね。
噂を広める才能に関しては天才的だとは思いますが……
当時、ハドソンに子供からの問い合わせ電話が殺到して大変だったとか。
まあ、このあたりはこの本に書いてあることでしょう。

現在はハドソンを退社しているものの、今もゲーム業界で活躍中の名人。
ハドソンでの最終役職は「名人」であったとか。
私から見れば、将棋の名人より、日本でもっとも名人という称号が似合う人です。
個人的には国体やオリンピックで「e・スポーツ」としてゲームが取り入れられるなら、代表監督になってくれないかとも思います。
この著書は読まねばと思います。

2019年追記
読みました。
高橋名人はすでにeスポーツ関連の理事に就任されているようです。
本の内容については、前半が高橋名人とハドソンのことが中心です。
後半が関わって来たゲーム機のことや、思い入れのあるソフトについて語られています。
毛利名人を高橋名人自らスカウトしたことや、名人の称号が誕生したコロコロコミックとの関わりについても書かれていました。
全国キャラバンの裏話など、興味深い内容ばかりでした。
もちろん逮捕説や死亡説にも語られています。
ぜひ、ご一読を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました