元アイドル「麻生かおり」を懐かしむ。一時の勢いはすごかった。

アイドル
スポンサーリンク

笑顔が素敵なアイドルでした。

麻生かおりは90年代半ばくらいに活躍したアイドルです。
ヤングジャンプの全国女子高生制服コレクションで準ミスグランプリを受賞したあたりが、濃いマニアの目に留まった始まりでしょうか。
オーゼキフーズのミス桃子コンテストでグランプリに選ばれたことがあるらしく、一時期、小桃ひとみと名乗っていたこともあります。
また、中京圏で一大勢力を誇るラーメン屋寿がきやのイメージガールに選ばれたこともあります。
とにかく笑顔が素敵な子だったので、CM出演は多く、全盛期はサンヨー食品のカップスターのCMやウナコーワのCMなどにも出演していましたね。

マニア受けする要素も満載でした。

ロリ顔に巨乳、天真爛漫で汚れを知らないかのような明るい笑顔、おまけに特撮ヒーローもの(ビーファイターカブト)に出演と、マニアを夢中にさせる要素満載のアイドルでした。
一般的にはビーファイターカブトで主人公の妹役を演じたことが、プチブレイクのきっかけでしたかね。
クラシックバレーを習っていたそうで、そのせいか手足も長く、プロポーションは抜群でした。
なので、多分運動神経自体はいいと思うのですが、周囲からは「トロいと言われることが多かった」と、当時、何かのインタビューで見た記憶があります。

スポンサーリンク

一部プロフィール

1978年11月26日生まれ。
本名は内村香織で、今は結婚して姓が変わっています。
父親が芸能事務所の社長と友人だったのが、デビューしたきっかけだとか。
もしかすると、お嬢様だったのかもしれませんね。
川崎市麻生区生まれで、麻生高校に在学していたので(後にNHK学園に転校)、麻生かおりという芸名にしたようですが、日活ロマンポルノの女優さんに同姓同名の方がいらしたようで、事務所社長は気づかなかったのだろうかと未だに疑問に思っています。

演技力さえあれば……

一時期の勢いは凄まじく、NHKの朝の連ドラ「あぐり」にまで出演するほどの人気でした。
しかし……この子、演技がとてつもなく下手だったんですね。
ど素人である我々が見ても、ひどいなと思うほどでした。
NHKのドラマでさえ棒読み……よく監督がOKしたなというレベルでした。
武富士のCMにも出演していましたが、セリフはひとことだけだったのに、それさえ棒読みでした。
マニアやファンには、そんなところも可愛らしかったのですが、世間的には許されなかったようです。
20代になって、いつまでもアイドルという存在ではいられなくなって、かわいいだけでは仕事が取れなくなったのですかね……一時期は芸名を本名に戻すなどして活動されていたようですが、その頃はもう名前を聞くことが少なくなりました。
おそらく、タレントになるか女優路線を目指すかで、迷ったのだろうと推測しますが、最終的には引退されました。

引退後、蕎麦屋でバイト?

ネット上の情報では、蕎麦屋さんで働いているようです。
新しい人生を楽しんでおられるようですが、ちょっともったいない気もします。
アイドル性は高かっただけに惜しいキャラクターでした。
当時はアイドル冬の時代。少し早すぎたアイドルだったかもしれません。

雑誌の懸賞で当てたテレカ。明るい笑顔がチャームポイントでした。

2019年・追記

現在は三児の母として幸せに暮らされている模様です。
ちなみに本人のものとされるブログやインスタグラムも発見していますが、今は一般人になられた方ですので、URLなどの記載は控えます。
子供と一緒に本人が写っている写真が時々アップされますが、今でもかわいい子ですよ。
国会議員にもなった、元タレントで東京都議でもあった塩村あやか氏と、アイドル時代、仲が良かったらしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました