アイドルの鑑「森下純菜」は素晴らしい。

アイドル

森下純菜は名古屋出身のアイドルである。
1975年9月16日生まれ。
血液型B型。
本名、吉木加代子。
年齢についてはつっこんではならない。
一時期、1978年生まれにして、3歳ほどごまかしていたはず。
いわゆる地下アイドルの代表である。
テレビなどにはあまり出ず、レコード店や大型電気店、小さなライブハウスなどで熱狂的なファン相手にかなりの回数のライブを行う。
考えようによってはAKB系の走りとも言える存在かもしれない。
かわいいフリフリの衣装を着て、かわいらしい歌詞の歌を歌う。
ファンに近いところでライブを行うが、必ず一定の距離感を保つようにし、私生活をあまり見せないようにしているという。
かつて流行した80年代アイドルのおもかげを残していると言えるだろう。

スポンサーリンク

デビューは1994年。
当時、コアな人気があったアイドル水野あおいにファンレターと履歴書を送ったのが、アイドルになったきっかけだという。
水野あおいと同じ事務所に所属し、初期の頃は歌だけでなく、際どいグラビアなども披露していた。
テレビなどでも時折見かけることがあった。
2000年頃に水野あおいが引退し、事務所も社長の病気で閉鎖されることになり、自身も引退を考えたというが、一念発起し、台湾の大学に留学。
新しい所属事務所も見つかり、台湾でも芸能活動を行っていた。
帰国後は歌手活動をメインとしている。
なお、年に一度、「純なトラベル」という一緒に旅行できるツアーイベントも行っている。
最近のアイドルは過去の男性遍歴などを平気で話すような子が多いが、森下純菜は昔のアイドルと同様、そんな素振りを全く見せず、いつもニコニコとしていて、かわいらしく話す。
毎朝、ツイッターで「今日も一日頑張って!」とファンを励まし、夜はブログを更新して、おやすみとメッセージを送る律儀なアイドルでもある。
単に有名じゃないから取り上げられないだけかもしれないが、スキャンダルもない。
そんな姿を見て、私はこの森下純菜こそアイドルの鑑だと思う。
いつまでも、変わらずにアイドルを続けていてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました