ゲームの自動販売機TAKERUを懐かしむ。

ゲーム

TAKERUとは?

80年代後半から90年代にかけて、「TAKERU」というゲームの自動販売機が存在しました。
ユーザーは画面のタッチパネルからほしいゲームを選択し、お金を入れる形式でした。
すると、メディア(当時は5インチのフロッピーディスク)が出てくるので、それを機械にセットすると、ゲームがダウンロードされてフロッピーに書きこまれていくようになっていました。
同時にマニュアルもプリントアウトされました。
当時のことなので、いずれも結構時間がかかった記憶があります。

田舎でパソコンゲームを手に入れるのは大変な時代でした。

当時はパソコンゲームが家庭用ゲームより性能の高かった時代で、TAKERUで扱っているゲームはパソコンゲームばかりでした。
しかし、ファミコンゲームは近所のスーパーやおもちゃ屋でも売っていましたが、パソコンゲームは専門的な店に行かねば売っていませんでした。
専門的な店は都会にしかなく、田舎者には買いに行くだけでお金がかかりました。
ゲームソフト自体も高価でした。
このTAKERUはパッケージやマニュアル分の経費が引かれている分、少し値段が安く、しかも、この機械でしか買えないゲームもありました。
当時、人気だったゲーム、日本ファルコム社製の「ソーサリアン」の追加シナリオが、このTAKERUでしか手に入らなかったような記憶があります。
ただ、あまりメジャーな人気ソフトはラインナップにはなかったですかね……

TAKERUは早すぎた存在だった?

専門的なパソコンショップは都会にしかありませんでした。
さらに、このTAKERUを置いてある店となると、大都市の大型パソコンショップぐらいでした。
のちに任天堂がディスクシステムを開発した際、ディスクライターというゲームの書き換えができる機械を全国に設置しましたが、TAKERUの影響があったのではないかと勝手に推測しています。
今や高速通信網が発達して、当時とは比べものにならないスピードでゲームがダウンロードできます。
しかも、店に行かなくてもネットからダウンロードして買えます。
通信販売も充実し、ほしいゲームが次の日には手に入る便利な時代ですが、不便だったからこそ、手に入れたときは格別な気分だったように思います。
もしかすると、TAKERUは早すぎた存在だったのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました