老舗ゲーム雑誌「LOGiN」が休刊へ 昔は面白い雑誌でした……

ゲーム

懐かしきLOGiN

「マイコンベーシックマガジン」、通称「ベーマガ」に続き、ついに「ログイン」も休刊となる模様です。
休刊といっても、実質的に廃刊なのでしょうね。
若かりし頃、ログインを毎月のように買い、ワクワクしながら読んでいたのを思い出します。
日本に「シムシティ」と「テトリス」を普及させたのはログインの功績が大きいと思います。
今も残るゲーム雑誌、「ファミ通」も元はといえば、ログインの1コーナーでした。

編集者が顔出しするのがよかった。

最盛期には編集者がやたらと顔出しで出てきて、いろいろな企画をしてました。
高橋ぴょん太さんやステルス松本さん、青柳ういろうさんや忍者増田さんあたりはまだ業界で活躍されているようですね。
「天下統一」というゲームを50人くらいの編集者が集まって、各国の大名としてプレイする企画もありましたっけ。
「大戦略」というゲームを、参謀本部を作って遊ぶなんて企画も面白かったですね。
今なら、オンラインで同じようなことが簡単にできるわけですが、当時はあこがれたものです。

各種コーナーも充実していました。

あとヤマログという読者投稿コーナーも面白かったですね(忍者増田さんはこのコーナーの投稿者から編集部入りされました)。
「信長の野望」や「三国志」がゲームとして人気だったので、歴史関連の記事も充実していました。
兵器オタクの編集者がいたのか、「大戦略」や「提督の決断」というゲームの特集も結構充実していました。
「どきどきワクワク第一次世界大戦」という、今では怒られそうなキャッチフレーズで書かれていた記事を覚えています。
そういえば、長期連載漫画「墜落日誌」もついに終わるのでしょうか?
確か作者は担当編集者のオタク五十嵐さんと結婚されたはずですが、後に離婚したのでしたっけ……?

ゲーム雑誌受難の時代

今はインターネットで簡単に攻略法など調べられる時代ですから、こういう雑誌にはつらい時代なんでしょうね。
コンシュマー機の性能向上に伴い、パソコンゲームが最先端の技術を誇る時代ではなくなりました。
パソコンゲームといえば、エロゲーが主流になるよう推移していきました。
そういえば、ログインから分離してエロゲー専門の雑誌も出ていましたね。
ログインに限らずですが、一時期はベストセラーになっていたゲームの攻略本自体がインターネットによって、完全に横に追いやられましたね。

出版社内のゴタゴタが原因なのが残念

ただ、ログインが売れなくなったのは、出版社内のゴタゴタで編集者たちが辞めていったことが一番の原因なんですよね。
上記のような面白い企画がすべてなくなりましたし、その後はまったく違う雑誌といっても過言ではないほどでした。
そういえば、「コンプティーク」というパソコンゲーム雑誌も角川書店の社長逮捕に伴う分裂で、まったく違う雑誌になりましたね。
こちらは、独自路線を貫き、それでもまだ続いているようですが……

惜しまれて終わるうちがいいのかも……

さびしいですが、今のままだとはっきりいってつまらない雑誌でしたし、ここらでひとくぎりをつけるのも良いのではないでしょうか。
押入れの奥にあるバックナンバーを取り出してきて、昔を思い出しますかねえ・・・・・・


2020.04.21追記
ログインを一躍人気雑誌にした小島文隆編集長が2015年5月に亡くなっていたことを今更ながら知りました。
この人が仕切っていた頃のログインは神がかり的な面白さでした。
今更ですが、ご冥福をお祈りします。

2020.05.19追記
当時、ゲームの攻略に特化したこんな本もありました。

PCゲーム攻略本「チャレンジAVG&RPG」通称チャレアベはこんな本でした。
はじめに 「チャレンジAVG&RPG」通称(略称?)「チャレアベ」は、1985年頃から1990年頃までに電波新聞社から発売されていた、パソコンゲーム(特にアドベンチャーゲームとロールプレイングゲーム)の攻略本です。 攻略だけ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました