香港アイドル、グロリア・イップを懐かしむ。昔は可愛い子だった。

アイドル

80年代後半に活躍

グロリア・イップは80年代後半から90年代前半にかけて、人気のあった香港の女優、アイドルです。
ジャッキー・チェンの「奇蹟(ミラクル)」やマイケル・ホイの「ホンコン・フライド・ムービー」などの映画にも出演しています。
日本では人気コミック「孔雀王」が映画化されたときにヒロイン阿修羅を演じたことで人気が出ました。
日本ではCDも出し、ドラマにも出演しています。
愛らしい、あどけない笑顔と天真爛漫な雰囲気が特徴的でした。

95年に引退

しかし、人気絶頂だった95年に実業家と結婚。
芸能界を引退してしまいました。
その後、離婚し、一時的に芸能界に復帰するも鳴かず飛ばず……特に話題にのぼることもありませんでした。

2013年に再び姿を現すも……

2013年に香港で放送された企画番組で、再び往年の人気女優らとともに復帰したようですが、月日は残酷なもので、彼女の容貌を大きく変えていました。
ネットで検索すれば、そのときの姿が見られるので、興味のある方は見てください。
私は怖くてもう見られません。

全盛期の画像です。
当時は「香港のゴクミ」なんて呼ばれ方もしていました。
あの愛らしい笑顔の少女はどこにももういません。
アイドルとはつくづく儚い存在だと思いますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました