その他二次創作小説

その他二次創作小説

二次創作小説「こち亀、大原巡査部長の憂鬱」

いつもと変わらぬ派出所の風景だった。 両津勘吉は馬券を握りしめ、ラジオ放送を聴いていた。 しかし、狙っていた馬は来なかったようで、馬券は投げ捨てられた。 「あー、ダメだ、ダメだ! 大外れだ!」 大声で叫ぶ両津。 同僚の中川と麗子は...
その他二次創作小説

二次創作小説:私の考えた「ルパン三世の最終回」

指定された料亭の一室で私はその老人と出会った。 「銭形警視正お久しぶりです」 「もうワシは引退した身だ。警視正はよせ……」 部屋に入りあいさつをすると、老人は気恥ずかしそうに、そう語った。 銭形幸一氏は、警視庁に採用された後、埼玉県...
その他二次創作小説

二次創作小説:私の考えた「美味しんぼの最終回」その2

一週間後、士郎は陶人宅に乗り込み、台所を借りて握り飯を作り上げた。 士郎はチヨを同伴していた。握り飯を握ったのはチヨであった。 「以前、雄山との勝負で握り飯を握るには、形を整えたがる職人より、女性の柔らかさが必要だとわかった。陶人のじい...
その他二次創作小説

二次創作小説:私の考えた「美味しんぼの最終回」その1

※原作では和解してしまいましたが、以前こんな最終回を予想してました。 山岡士郎と栗田ゆう子が所帯を持ってから数年が経つ。 子宝にも恵まれ、時には困難に巻き込まれることもあるが、二人で力を合わせて解決してきた。 長年の大プロジェクト...
その他二次創作小説

二次創作小説:私の考えた「パタリロの最終回」

常春の国マリネラはいつもと変わらずのどかだった。 王宮では今日もパタリロ8世が怪しげな発明品で小規模な爆発を起こしてはいたが、いつものことなので、国民も特に驚きはしなかった。 「退屈だ」 爆発を起こしておきながら、パタリロはつぶやいた...
その他二次創作小説

二次創作小説:私の考えた「こち亀の最終回」

ブラインドの隙間からこぼれる朝日を浴びて、中川圭一はゆっくりと目を覚ました。 イタリア製の高級ベッドから身を起こし、シャワーを浴びる。 抜かりなく用意されたタオルで体を拭いていると、コーヒーと焼きたてパンのいい香りが漂ってきた。 いつ...
スポンサーリンク
荒深小五郎をフォローする