ゲーム時間を規制する条例ができる。ゲームってそんなに悪ですか?

ゲーム

ゲーム依存症対策の条例が可決される

香川県議会にて、18歳未満の子供に対するゲーム依存症を防ぐための対策として、プレイ時間の規制を求める条例が可決されたそうです。
簡単に言えば、ゲームは平日は60分、休日は90分まで。
スマホの使用は中学生以下は夜9時、高校生は夜10時までというルールを家庭内に設けましょうという内容です。
罰則などは特にないので、守られるか、何か効果があるのかは疑問ですが、一種の象徴的な条例にはなりそうな気がします。

条例を肯定的に捉えるとすれば……

ゲーム好きの私としては、この条例に反対ですが、確かにゲーム中毒かなと思われる人はいます。
ゲームに夢中になって成績を落とす子がいるのも事実でしょう。
ゲーム依存症やゲーム脳は精神疾患として認められているみたいですし、確かに世の中を見回すと、みんな隙あらばスマホを見ていて、不気味に思うこともあります。
昔、高橋名人が「ゲームは1日1時間」という名言を残していますが、当時のゲームはシューティングやアクションが多く、集中力がかなり必要な部分がありました。
だから、1時間だけのプレイが効果的だった面もあるのかもしれません(高橋名人はそういう主旨で語ったわけではないでしょうが)。
シミュレーションゲームやロールプレイングが増えている今とは時代が違います。
今のゲームは確かに終わりが見えなくて、制限なくプレイしてしまうところがあります。
スマホゲームに関しては、アイテムがなくなれば、そこで今日はおしまいという仕組みもありますが、課金してでもプレイする人もいますしね……
そういう子供がいたら、「法律で1日1時間と決まったんだよ」と諭すことができるかもしれません。
それと、ネット上には怪しいサイトもたくさんあるので、親の目が届く範囲でしかスマホを触らせないというのも有効なのかもしれません。
夜更かしも良くないでしょう。

漫画やゲームは規制されやすい?

昔、エロゲーを万引きした馬鹿がいました。
警察はその事件を利用して、エロゲーメーカーの幹部を逮捕しました。
結果、業界団体が作られ、表現に一定のルールが作られました。

かつて「美少女ゲーム」という言葉を作った「テクノポリス」という雑誌がありました。
はじめに 『テクノポリス』というパソコンゲーム雑誌が昔、存在していました。 Wikipediaで調べたところ、1982年から1994年までの発売だったようです。 発売元は徳間書店です。 私が読んでいたのは(正確に言うと友人から借りて...

漫画でも似たような事件があったと思います。
芸能人のヘアヌードが出始めた頃で、そちらを規制するとうるさいから、弱い立場で、擁護されにくいエロゲーがスケープゴートに使われたという見方がありました。
今回もまたゲームが利用されたのかなという印象が私にはあります。
私など、テレビや雑誌の方がよほど有害じゃないかと思いますが。

そもそもゲームってそんなに悪い物ですか?

スマホは便利な道具ですし、この条例でも、親子で調べ物をする時間などは除外すると書いてあるようです。
一方のゲームですが、私自身の経験から言うと、ゲームから学んだ知識がたくさんあります。
例えば、「信長の野望」や「三国志」をプレイしたのは、地理や歴史に興味を持つきっかけになりました。
日本の旧国名なんて、信長の野望ですべて覚えました。
ドラクエからは勇気、友情、努力という少年ジャンプ的なものを学べました。
コツコツとした努力が必要ということはロールプレイングゲームから学んだように思います。
パズルゲームなんかは脳トレにもなります。
シューティングゲームは反射神経や動体視力も鍛えられます。
あと、クソゲーからは忍耐力を学びましたね(笑)
同級生に勉強嫌いな奴がいましたけど、歴史上の人物の名前ひとつ覚えられないのにゲームの登場人物には詳しかったです。
英単語ひとつ覚えられないのに、ゲームの魔法名は覚えていたり、地理も苦手なくせに、ノートにマッピングしていました。
その情熱を勉強に向けていれば……と思いましたが、努力する気持ちや知的感覚を養うのにゲームは役立つと思います。
友人たちと競い合うのも面白かったですし、ソフトを貸し借りすることから助け合いの精神も学んだように思います。
中には借りておきながらなかなか返さない奴や、勝手に他の人間に又貸しする奴なんかもいて、人間関係の難しさも学びました。
人気ソフトとクソゲーを抱き合わせ販売する店からは、世の中の厳しさと、大人の汚さを学びました。
何より、何かに無我夢中で熱中できる感覚は素晴らしい経験でした。

結局は個人や家庭の問題

条例が言いたい理屈もわかるのですが、結局、ルールを作って、守らせるのは家庭の問題であり、守るのは個人の資質かと思います。
勉強をする子供は、ゲームをしていても、ちゃんと勉強します。
ゲームやスマホをする時間があれば、その分も勉強しろと言いたいのでしょうが、息抜きも何もなく勉強するのは、かえって非効率です。
むしろ、1時間勉強したら、30分ゲームをしてもよいとか、親子でルールを作ればいいのではないですかね。
わざわざ条例まで作って、家庭の問題にまで口を挟む必要性は感じません。
それと、不登校児童・生徒がゲームばかりしているという見方が時々されますが、その子たちはすることがないからゲームをしているだけです。
ゲームをしたいから不登校になったわけではないでしょう。
不登校になった理由を追及して原因を排除するべきであり、ゲームを排除するのはお門違いだと思いますね。

そもそも、この条例を作った人たちって、ゲームをしたことがある世代なんですかね?
一度、自分もプレイして中毒になりそうだったから危ないと思った……というのなら説得力がありますが、どうもそんな感じではしません。
それと、子供は外で遊べと昔ながらの考えをお持ちなのかもしれませんが、公園でボール遊びもできない時代にどこでどう遊べというのでしょうか?
不審者だって、外をウロウロしていますよ。

最後に・条例が広まらないことを祈ります

この条例が各地に広まらないことを祈ります。
こういうのって、すぐ真似されますし。
ゲーム業界には、何か圧力がかかるのでしょうか?
ゲーム機に1時間経ったら、終了する機能が必要とされるのでしょうか?
ギャンブル依存症やアルコール依存症だけでなく、ゲーム依存症にまでついて考えないといけないなんて、香川県議会は親切なものですね。
しかし、いくら規制したって、子供は親に隠れてゲームをしますよ。
私なんかもそうでした。
それも、まあ社会勉強の一環かもしれませんが……
どうか、条例が暴走して、規制が強くなりませんように……

2020.05.26追記・弁護士会は反対?

香川県弁護士会が条例の廃止を求める声明を出したようです。
公権力が個人の教育などに介入するべきではないという声明のようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました