5月27日はドラゴンクエストの誕生日 2020年で34周年です

ゲーム

はじめに

国民的ゲームソフト「ドラゴンクエスト」、通称ドラクエ。
このゲームの一作目が発売されたのが1986年の5月27日なので、2020年で34歳となります。
月日が経つのは早いものです。
今やナンバリングタイトルだけで11作、派生作品や関連商品が数えきれないほど作られている人気コンテンツです。
タイムリーにプレイした世代として、一作目の「ドラゴンクエスト」が発売された頃のことを少し思い出してみたいと思います。

画期的だったシステム

当時のファミコン少年はコマンド選択型のRPGというものを知りませんでした。
「ゼルダの伝説」が発売済みだったので、キャラクターが成長していくゲーム自体は知っていましたが、ゼルダの伝説はアクションゲームです。
コマンドを選択して戦闘をするようなゲームは、おそらくファミコンの世界ではドラゴンクエストが初めてだったと思います。
ドラクエはウルティマやウィザードリィの影響を受けているとされていますが、RPGというのは、当時パソコンゲームの世界でしか、存在しないものでした。
後にドラクエ2が大ヒットした頃だと記憶していますが、当時、プログラマーの中村光一氏がテレビのインタビューで「ドラクエはパソコンのRPGに比べたら、まだまだ」という主旨の発言をされていたのを覚えています。
そもそも、街の中を歩いて、住人たちに接触して話しかけるというゲームさえ、プレイした記憶がありませんでした。
注:調べてみたところ、ハイドライドスペシャルがすでに発売されていたようです。ただ、私がハイドライドスペシャルをプレイしたのはドラクエより後です。

初めてプレイしてみた感触

初めてプレイした感想は、面白いとか、すごいというより、「なんだこのゲーム?」と戸惑ったような記憶があります。
何をどうすればいいのか、よくわからなかったのですね。
とりあえず、お姫様を助けて、悪い竜を倒せという目的はわかったのですが、具体的に何をすればいいのか、当時小学生だった自分には理解する頭がありませんでした。
フィールドに出れば、突然モンスターが現れ、可愛らしい外見とは裏腹に、強くてすぐにやられてしまうし……
少し遠出をしてみたら、急に敵が強くなって、あっさりやられてしまうし……
強い武器を買いたくても、すぐにやられてゴールドは半分になってしまうし……
「ふっかつのじゅもん」も厄介でした。
ドラクエ2ほど長くはなかったものの、今のようにスマホのカメラなんてものがなかった時代、紙に書き写すしかありませんでした。
これがまた、気をつけたつもりでも、間違えてしまうのですね……
自分の字が下手だったというのもあったでしょうが。
正直言って、最初は挫折しかけました。
友人に借りてプレイしたのが最初だったのですが、すぐに返そうかと思ったくらいです。
とはいえ、当時、すでにエニックスは「ポートピア連続殺人事件」でファミコンにコマンド選択型AVGというジャンルを定着させた実績のあったメーカーでした。
だから、このゲームもきっと面白いに違いないと考え、根気よくプレイしてみました。
すると、徐々に面白さがわかってきたのです。
私と同じような人間が多かったのか、この1作目はいきなり大ヒットという感じではなく、徐々に売れていった記憶があります。

実は結構、親切設計だった?

最初、王様の話を聞いて、宝箱を開けて鍵を手に入れ、扉を開けるという動作があります。
後に知ったことですが、この一連の動作は、このゲームに馴染んでもらうためのチュートリアルみたいなものだったようですね。
城に入って、ほぼ一直線で王様の元に行けるようなマップ配置など、今思えば、かなり計算されていました。
後の作品と違って、扉を開けるのにいちいち「とびら」コマンドを入力しないといけないのは面倒でしたが、これは作者の堀井雄二氏が扉を開けるという感覚を持ってほしいという意図から作られたと聞いたことがあります。

初クリアしたときの思い出

竜王から「世界の半分をやろう」と言われて、「はい」と勢いで押してしまった記憶があります(笑)
竜王が教えてくれる「ふっかつのじゅもん」はデタラメなものだったので、途中からやり直した覚えがあります。
あと、初クリアを達成したときは、ローラ姫の居場所がわからなくて、姫を救出せずにクリアしました。
なので、有名な「さくばんはおたのしみでしたね」のセリフは聞いていません(笑)
当時はインターネットなんてものがなかった時代で、ゲーム雑誌の攻略記事だけがヒントでした。
ローラ姫救出を成し遂げたのは、雑誌の攻略記事を見てからだと思います。

※余談ですが、ドラクエ2が発売された直後、とある雑誌がヒントを載せすぎて、エニックスから訴えられています。

昔、エニックスに訴えられたゲーム雑誌がありました。 | どこかで使えるかもしれない雑学
ドラゴンクエスト2に関する訴訟ドラゴンクエスト(通称ドラクエ)シリーズがあまりに有名なエニックス(現スクウェア・エニックス)。このエニックス(当時)が、ドラクエ2が発売され、大ブームを起こしている際、英知出版の「ハイスコア」という雑誌を訴え

いつの間にかハマっていました

初めてクリアしたあと、ローラ姫を救出していないこともあって、再度、挑戦をしました。
そのときは雑誌の記事などを読んで、いろいろな知識を付けていたと思います。
2回目のプレイのときは、余裕があったのか、街の人々の話すテキストの面白さを楽しめた記憶があります。
すぎやまこういち氏のBGMがいかに聴き心地がよく、ゲームに合っているのかもよくわかりました。
鳥山明氏のデザインした敵キャラクターもいいなと思えるようになっていました。
このレベルなら、どのあたりまで行けるか、なんてことも理解していますから、ストレスもそんなにありません。
1回目はとにかくクリアを目指していましたが、2回目以降は楽しもうとしていたように思います。
最終的には、素手で竜王を倒すチャレンジなんかもしましたね。

今となって思う偉大さ

このゲーム最大の功績は、大人向けだったRPGというジャンルを小学生でもわかるレベルにまでしてくれたことだと思います。
単に、内容を子供向けに落としたというわけではなく、RPGというジャンルの厳しさや面白さというものは残しつつ、操作性やテキスト、親しみやすいデザイン、心地よいBGMなど、本当に子供の目線に立ってくれていたと思います。
その後のシリーズの大ヒットは言うまでもないことですが、この一作目があったからこそ実現できたことだと思います。
ゲームの歴史に残る偉大なる作品だと改めて思います。
これがスマホの写真一枚のデータにも及ばない64KBで作られたというのですからすごい話です。
面白いゲームは高いスペックがなくても作れるといういい例だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました