私がGoogle AdSenseで広告制限を受けてから回復するまでにしたこと。

IT初心者

はじめに

突然、Googleから物騒なメールが届きました。
全文を表示すると何かに違反するかもしれないので掲載はしませんが、簡潔に述べると「広告を自己クリックしていないか?」ということと「無効なトラフィックが確認された」ということでした。
そのため「しばらくの間、広告を制限し、監視する」とのことでした。
このメールが来たのが2019年10月18日で、この記事を書いているのが10月29日ですが、10日以上経った現在も、まだ解除されていません。
なお、私はいくつかのサイトを運営しているのですが、すべてのサイトで制限中です。
サイトごとではなく、アカウント全体で制限されるようです。
(ただし、なぜか10月25日だけ、配信されました。それで、解除されたのかと喜んでいたのですが、翌日にはまた配信が止まっていました……もしかすると、Google側が何かテストをしていたのかもしれません。)
現在、 AdSenseの画面を開くと、このようなメッセージが表示されています。

ポリシーセンターを開くとこんな感じです。

まず、「自己クリック」の件についてですが、何回か心当たりがありました。
主にパソコンで記事を書いているものの、時々スマホで自分のサイトを見て、文章を修正することなどがあるので、その際に誤ってクリックしてしまうこともありましたし、中には自分が見たい広告があったのでクリックしたこともありました。
しかし、ほんのわずかな回数です。
Google AdSenseのヘルプを確認したところ、少数であれば制限までは至らないという主旨の一文がありました。
本来、許されないものらしいですが、わざとじゃなければ……という感じでしょうか。
何回かクリックした以上、不注意ではありましたが、わずかな回数ですから、こちらが原因で、広告制限がされたわけではないなと、一旦判断しました。

スポンサーリンク

となると、もうひとつの「無効なトラフィックが確認された」という内容がどうなのかということになります。
まず「無効なトラフィック」とは何かということですが、これも簡単に言うと「自己クリックも含め、誰かが意図的に何回もクリックした」とか「広告をクリックするよう誘導するようなサイトの作りになっている」とか「不正なツールなどを使ってクリック数を増やしている」ということなどが当たるようです。
AdSenseのヘルプから確認しました。)
不正なツールなどはもちろん使っていませんし、意図的にクリックを誘導するようなサイトを作ってもいません。
そもそも、クリックを誘導するような作りなんて、作り方を知りませんし……
しかし、自己クリックはそれほどしていませんし、となると、原因は何なのだろうと考えてみたところ、そういえば、知り合いに「こんなサイトを作っているからよかったら見てくれ」と宣伝したことを思い出しました。
そこで、知り合いに確認してみたところ、見事ビンゴ(見事というような内容ではありませんが……)。
知り合いは週に数回、とある施設に行く用事があるのですが、パソコンを自由に使える時間があるそうで、その際に私のサイトを見てくれていたようです。
せっかくだからと数回広告をクリックしてくれていたのですね……。
何十回もクリックしたわけではなく、わずか数回だったようですが、さすがは天下のGoogle、「お天道様は見ている」とばかりに見逃してはくれませんでした……。
自分でも無効なトラフィックを調べてみようと、 AdSenseの「デフォルトのレポート」から、「期間」を指定し、「クリック数」のタブを選択してみたところ、確かに週2回程度、妙にクリック率が高く、収益の多い日があるのがわかりました。
サイトの閲覧数の割に、その日だけクリック率がずば抜けて高いので、どうやら、これが怪しいと思われたようです(事実、怪しかったわけですが……)。
ちなみにアナリティクスの方でもいろいろ調べることができます。

スポンサーリンク

対策

他所様のサイトに比べて、そんなに収益があるわけではないのですが、少しでも収益が出るとモチベーションにつながりうれしいもの。
なんとか、広告配信を再開してもらいたいと思い、知り合いにはクリックをしないようお願いをしました。
そして、自己クリックについてですが、いろいろなサイトを参考にしたところ、ふたつのツールである程度防げることがわかったので導入することにしました。

1.「Google Publisher Toolbar」の導入

これは「Googleサイト運営者向けツールバー」とも呼ばれるもので、Googleのブラウザ 「Chrome」に追加できるアドインの一種です。
これをインストールすることで、 Chromeを使ってパソコンで自分のサイトを見た際、広告部分が緑色に覆われ、誤クリックを防止できます。
また、広告枠の端に広告の内容を確認できるスペースがあり、そこをクリックすると広告の詳細がわかるようになります。
これで、自分が興味のある広告をクリックしても大丈夫となります。
それと、簡易ではありますが、 AdSenseの収益額も AdSenseの画面を開かずに確認することができます。
Chromeでサイトを閲覧している方にはぜひ利用していただきたいですね。

Google Publisher Toolbarの設定でうまくいかない場合の対処法
「Google Publisher Toolbar」というのは、Googleのブラウザ「Google Chrome」に追加できる拡張機能で、簡単に言えば、自分のサイトのアドセンス広告を自分で間違ってクリックしてしまわないように防ぐ機能があり...
スポンサーリンク

2.「Ad Filter」アプリの導入

「Google Publisher Toolbar」が適用されるのは、パソコンで Chromeにて閲覧した場合のみの自衛策です。
スマホの方でも誤クリック防止対策が必要です。
私はiPhoneを利用しているのですが、「Ad Filter」というアプリがあることを発見しました。
簡単に言えば、広告をブロックするアプリなのですが、他のアプリはすべてのサイトの広告をブロックしてしまうのに対し、このアプリでは登録したサイトのみの広告をブロックすることができます。
つまり他のサイトがどんな広告を貼っているのか分析をしたいけれど、自己クリックを防ぎたいという方にはピッタリなわけですね。
※ただし、iPhoneにおいては「safari」でしか設定できません。Android版もあるようですが、そちらはどうなのか試しようがないので不明です……。
インストールはこちらからどうぞ。

インストールしたら、画面下部の「サイト別設定」をクリックし、「サイト別設定」の画面で右上の「+」マークをクリックください。
すると、ドメインを入力できる画面が表示されるので、自分のサイトのURLを入力。
どの種類の広告をブロックするか設定できますが、基本的には「広告ブロック」だけを設定すればOKのようです。
最後にiPhone本体の「設定」から「safari」を選択し、「コンテンツブロッカー」から「Ad Filter」を有効にしてください。
これにより、safariでの閲覧限定ではありますが、自己クリック防止が可能となります。

スポンサーリンク

まとめと経過

色々、勉強してみたところ、上記のような対策はもちろんですが、価値ある記事を書くことも重要であるようです。
それがトラフィックの品質を高めるということにつながるようです。
確かに、広告主から見れば、中身の空っぽな記事ばかりのサイトにたいした集客力があるわけもなく、広告を配信してもらおうとは思いませんよね。
気をつけなければならないなと改めて思いました。

とりあえず、しばらくの間、配信が再開されるのを待ってみます。
なんらかの変化があったら、また追記します。
どうか、再配信されますように……

2019.11.02追記
一部サイトのトップページの自動広告欄に広告が入っているのを発見。
あまり人気がないサイトでしたが……
翌日には消えていました。

2019.11.07追記
なぜか、アドセンスの報酬1円が付きました。
ポリシーセンターにはまだ制限中と表示されてはいます。
一部サイトを参照していると、段階的に広告が復活するという情報もありましたが……

2019.11.08追記
一部の記事に広告が表示されていました。
しかし、次に見ると消えていました。

2019.11.12追記
トップページなどに広告が配信されており、いくつかのページを確認した限りでは、すべて配信されているように見えました。
しかし、アドセンスのページにはまだ「制限中」と表示されています。

2019.11.13追記
まだ「制限中」という表示は残っていますが、広告の表示回数は大幅に増えており、一見問題ないように見えます。
おそらく、広告の配信は再開させたが、まだ監視はしているぞ……という警告ではないかと受け止めています。

最後に

10月18日から11月12日まで、約25日間の制限を受けました。
これが長いのか短いのかはよくわかりません。
とりあえず、私が行ったことをまとめると以下のとおりです。
・誤クリックの防止策を取ったこと。
・自己クリックをしないこと。
・知り合いに宣伝しないこと。しても、興味がある広告以外はクリックはするなと伝えること。
・サーチコンソールやアナリティクスを確認して、問題をつかむこと。
・このような記事を書いて釈明したこと。
こんな感じですが、どれが伝わったのかは正直わかりません。
ただ、これを機会に今まで軽く考えていたアドセンスにおける広告配信の仕組みなどを勉強したいと思い、下記の本を読みました。
「なぜ、自己クリックが駄目なのか?」など、アドセンスというものを知るのにいい勉強となりましたので、最後におすすめしておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました