私が別ブログにカテゴリー移転をした方法について記します。

IT初心者

はじめに

色々と記事を書き続けているうちに記事数が増えすぎ、ごった煮のブログになってしまいました。
煩雑になりすぎたので整理したいと考え、そこで、記事数の少ない競馬カテゴリーを別のブログに移転しようと考えました(注:両方ともWordPressで作成したブログです)。
失敗もいくつかありましたので、備忘録を兼ねて記事とさせていただきます。
なお、その際に下記のサイトを参考にさせていただきました。

WordPressでカテゴリーを別サイトに移行する方法|新サイト構築の手順|ゆまらぼ
[chat face="悩み-min.jpg" name="" align="left" border="gray" b

移転の手順

手順としては、簡単にいえば次の3つだけです。

1.元記事のあるブログからカテゴリーデータをエクスポートする。
2.記事を受け入れる側のブログにて、カテゴリーデータをインポートする。
3.元ブログから受け入れ側のブログに転送(リダイレクト)する設定をする。

なお、私の場合は、すでに作成していたブログに移転する形でしたが、ひとつのカテゴリーを特化させた新しいブログを作成される場合は、そのブログを作成しておく必要があります。
それと、元ブログと受け入れ側ブログでカテゴリー名を統一しておいてください。
私はそれで少し手間取りました(理由は後述)。

元記事のあるブログからカテゴリーデータをエクスポートする

まず、エクスポートする方法ですが、「DeMomentSomTresExport」というプラグインを利用します。
このプラグインを使えば、画像やコメントまで移行させることができます。

インストールして、「有効化」してください。
途中、さらなる機能を案内されますが、必要なければスキップを選んでください。

</p
有効化するとダッシュボードの「ツール」のところから、プラグインを実行してください。
すると、以下の画面が出ます。

「投稿」を選択し、移転したいカテゴリーを選択してください。
特に日時などで絞り込む必要がなければ、画面下にある「エクスポートファイルをダウンロード」をクリックしてください。
ファイルが作成され、デスクトップなどPCの指定された場所に保存されます。

記事を受け入れる側のブログにて、カテゴリーデータをインポートする

今度は受け入れるブログ側の作業となります。

「ツール」→「インポート」を選択してください。

WordPressの「今すぐインストール」を選択。

インストール後「インポーターの実行」を選択してください。

このような画面が出ますので、「ファイル選択」から先程エクスポートし、保存したファイルを選択してください。

選択できたら「ファイルをアップロードしてインポート」をクリック。

投稿者名を変更することができます。
元のブログと受け入れ側のブログで投稿者名が違う場合などは、選択することができます。
問題なければ「添付ファイルをダウンロードしてインポートする」にチェックを入れ、「実行」してください。

この画面が出たら成功です。
念のため、投稿一覧から記事がすべて移行しているか確認してください。

※ここで私はひとつ失敗をしました。
元ブログのカテゴリー名を「競馬」としておいたのですが、受け入れ側のブログのカテゴリー名を「競馬予想・ニュース」としてしまっていたのです。
そのため、「競馬」カテゴリーと「競馬予想・ニュース」カテゴリーの2つが出来てしまい、あとでひとつひとつ訂正する羽目になりました。
記事数が少ないカテゴリーだったので、まだ良かったですが、多いカテゴリーだったらどうなっていたか……
なお、カテゴリーの変更は幸い「クイック編集」でもできますので、もし、同じような形となった場合はそちらで訂正すれば早いと思います。

元ブログから受け入れ側のブログに転送(リダイレクト)する設定をする

最後の仕上げとなります。
元ブログを訪問した方に対し、記事がないとエラーが出て、がっかりさせてしまう結果になるため、受け入れ側のブログに自動的に転送される設定をします。これにより、元ブログのGoogleに対する評価も残すことができます。

いろいろなプラグインがあるようですが、私は「301redirects」というプラグインを使いました。
※301リダイレクトというのは恒久的に別ブログへ転送する方式です。一時的に転送したい場合は、302ダイレクトというものになりますので、違うプラグインを使用してください。

インストールして有効化してください。

「設定」から「301redirects」を実行します。

すると、以下のような画面が出ます。

左側に元記事のURL、右側に移行後のURLを入力します。

この際、実際はコピー&ペーストされると思いますが、入力方法にルールがあります。

※上の画面はGoogle Chromeの翻訳機能で翻訳してあります。

上の画面に書かれていますが、左側の「古いリンク」はパーマリンクだけを/(スラッシュ)で囲む形で入力します(下の黄色で示した部分)。

例:https://arafuka1582.com/keiba20190519/

右側の新しいリンクにはアドレスをすべて入力します(こちらも黄色で示した部分)。

例:https://news.arfuka1582.com/keiba20190519/

入力したら保存してください。

※「古いリンク」の右横にある青いマークをクリックすると、新しいブログでの画面が開きます。

記事の数だけ設定しないといけないので大変ですが、 成功すれば、元ブログから転送されるようになります。
なお、リダイレクトが成功しているかどうかを確認したい場合はこのサイトが便利です。

リダイレクトチェッカーツール - WEB便利ツール@ABASHI
リダイレクト先(遷移先)をチェックするツールになります。ABASHIはWEB制作で必要になるようなツールを無料で提供しています。

使い方については、このサイトにて簡潔に説明されています。

301リダイレクトを確認するには
リダイレクト設定をしたら、チェックツールで確認しよう

成功していれば、自動的に転送してくれるので、元記事は削除しても良いようです。
おつかれさまでした。

<2019.11.13追記>
自分で色々と確認していると、どうしても一部転送されない記事がありました。
原因は追及している最中ですが、私のように元々読者数が少ない競馬予想記事ならともかく、読者数が多い記事なら転送されないと大変もったいないことになります。
そこで、どうしてもうまくいかない場合は、例えば私が使用しているテーマである「cocoon」であれば、「投稿一覧」の右側に以下の画面のような入力があります。

ここに新しいブログのアドレスを入力すれば、転送されるようになります。
ただ、この方法だと受け入れ先ブログの方のアドレスをGoogleが認識してくれるまで、元のブログ記事を削除することができません。
あくまで、非常の策ということで……

現状、まだ調査中ですが、いくつか仮説を立ててみました。
1.二重リダイレクト?
私の場合は元々、yahoo!ブログで記事を書いていて、seesaaブログに記事をすべて移転しました。
このときはSEO評価など気にしなかったので、yahoo!ブログを削除しました。
しかし、Seesaaブログから、現在のブログへ移転する際にはリダイレクトをかけました。
つまり、このときSeesaa→現ブログへのリダイレクトが残っていて、次のブログへリダイレクトをかけるとおかしくなるのではないかと考えました。
2.日本語スラッグの問題
元々、Seesaaで作っていた記事はスラッグ(URL)など気にしていなかったので、日本語スラッグのままとなっていました。
日本語スラッグのまま、先述したプラグインでリダイレクトをかけようとすると、日本語部分が乱数のような表示になります。
ここに何か問題があるのではないか……と考えました。
調査を続けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました