二次創作・私が考えたキャプテン翼の最終回 その1

キャプテン翼小説

※以前、別のブログでそれなりに好評だった作品を加筆してまた公表します。感想をいただけたら幸いです。
一時期話題になった「ドラえもんの最終回」に触発されて書いたものですが、漫画を描く技量などないので小説にしました。面白いと思われたら、シェアしていただけるとうれしいです。

キャプテン翼最終回「大空翼の時代」

20××年、国立競技場で世界中から往年の名選手たちを迎え、ひとりのサッカー選手の引退試合が行われた。
その選手の名は大空翼……
「永遠のサッカー小僧」「サッカーの申し子」果ては「サッカー神」とも呼ばれ、天才的テクニックで黄金世代と呼ばれる同年代の選手たちを率い、日本初のワールドカップ優勝に貢献した名選手である。
スペインの名門FCバルセロナに所属し、トップ下の選手として活躍、日本人初の欧州チャンピオンズリーグ優勝を経験した選手としても知られている。
大空翼の経歴を簡単に説明すると、小・中学校時代には静岡県代表チームを率いて全国大会で優勝、中学卒業後ブラジルへ渡り、名門サンパウロFCでも中心選手として活躍、リーグ優勝も果たしている。
その後、スペインへ渡りFCバルセロナに所属し、前出のチャンピオンリーグ優勝、さらにはマドリッドオリンピックでの金メダル、そして日本に始めてワールドカップ優勝をもたらすという、記録の上ではこれ以上がないほど完璧なサッカー人生を送っている。
まさにサッカーの申し子であった。

しかし、輝かしい経歴を誇る翼であるが、サッカー人生の晩年は苦難の連続であった。
元より天才である彼のプレイは、凡人には理解しがたいものであり、結果が伴われていたからこそ、賛美と驚嘆に変えられていた節があった。
しかし、飽くことなき彼の向上心が技術をより向上させる反面、ますます理解しがたいものへとも変容し、徐々に結果も伴わないものへと変化していったのである。
凡人には考えもつかないスペースへのスルーパスは、天才ゆえの産物であるが、そのパスに反応できるFWはこの世に存在しなかった。
変幻自在のドリブルも、彼の意図を理解してフォローに入る選手がいなかったため、ひとたび止められれば、空いたスペースからカウンターを食らうという失点シーンがしばしば見られるようになった。
かつて、親善試合の対フランス戦で突然見せた自軍方向への逆走ドリブルは、今でも語り草である。
こともあろうに天才の意図が理解できなかった凡人の味方DF(早田・次藤)に止められ(天才・翼を凡人が普通に止められるわけがなく、ほぼ反則というプレイで止めた。審判も味方にされた反則を取るべきか迷っている姿が映像として残されている)、こぼれたボールをフランス代表のストライカー、ルイ=ナポレオンに得点されたシーンはサッカー特番などで繰り返し放映されている。
それも嘲笑の意味を込めて(余談ではあるが、このときの失点によって世界屈指のGK若林源三は名誉ある代表無失点時間の世界記録更新をあと3分でストップさせることとなり、翼との小学生時代からの友情関係が崩れたと言われている)。
ゴールデンコンビといわれた盟友岬太郎でさえ、ある時期からの彼のプレイにはついていけなかったと述懐している。
岬太郎自身もすぐれたテクニシャンであり、フランス1部リーグのパリ・サンジェルマン(PSG)に所属した時代に数々の栄光に輝いた選手であるが、それでも翼にはついていけなかったという(もっとも、控えめで人を批判することが嫌いな岬が、翼に遠慮した表現を使ったとも言われており、技術面の問題ではなく、翼の性格上の破綻についていけなかったのだという説が最近では定説となっている)。

大空翼は性格もまた天才(否定的な意味を込めての表現)であった。
フィールド上での相手チームへの挑発的発言はしばしば批判を浴び、マスコミでの言動は意味不明で空気を読むことができない人物と批判を受けた。
それでもワールドカップ初優勝の頃までは日本のヒーローとして好意的に取り上げられていたが、勝利が当たり前になるにつれて、自覚のない発言から品格などが問われるようになり、周囲からの風当たりは微風から強風へと変わっていった。
さらに、翼は自らの実力について来られなくなったチームメイトに苛立ち、しばしば叱責を繰り返すようになった。
増長もあったのだろう。
代表選手のひとりで、後にイングランドプレミアリーグ、マンチェスターユナイテッドで活躍し“アジア最高のリベロ”と謳われた松山光も「人が苦労して編み出した技を鼻で笑いながら簡単に真似されたことがあった。自分が努力してきたことを否定されたような気がした。あの頃はチームもピリピリしていて空気が悪かった。誰も翼に話しかけようとしなかった」と証言している。
また、かつては翼信者として知られ、セリエAインテルで活躍した“太陽王子“葵新五も「あの頃の翼さんは、薬物でも使っているんじゃないかと疑ったよ」と、彼らしくない毒のある表現でコメントを残している。
証言者名は控えるが「あいつはサッカーに関しては最高の選手だったかもしれないが、人間としてはクズだ」と、実に直接的な表現をしている選手もいる。
いずれにせよ、当時の翼が嫌われていたことだけは間違いないだろう。

その2へと続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました