二次創作・ドラえもん小説「出木杉首相とドラえもんの対話」その3

ドラえもん小説

(君がはるばる野比くんの元にやってきた真の理由は何なのか、そろそろ教えてくれないか?)
出木杉首相は何を言おうとしているのだろう?
ドラえもんにはその真意が理解しかねた。
「真の理由? 僕はただ子孫のセワシくんから頼まれて、先祖ののび太くんの世話をするよう遣わされただけだよ」
「本当にそうなのかい? そもそも、それなら同じことを考える人が他にもいそうなものだけど、君以外に出会ったことがないよ。第一、君は現代の町を普通に歩いていたけれど、どうして誰も警戒しなかったのだろう? 普通、ロボットがどら焼きを買いに来たら、お菓子屋の店主は仰天するよ。それに未来から来た猫型ロボットの存在を知ったら、科学者や日本国政府だって黙ってはいなかったはずだ。どこかの研究所につれていかれて、実験材料にされるのが普通じゃないかい?」
ドラえもんは質問に対し、一呼吸置き、頭の中を整理した。
子守用として開発されたドラえもんは、より人間的な思考回路を持つロボットであり、機械的、論理的に高速なデータ処理ができるわけではないのだ。
「まず、先に二番目の質問に答えるよ。これは簡単な理由さ。僕は子守用として開発されたロボットだ。誰からも警戒されないようできているのさ。動物の赤ちゃんが他の動物から警戒されないよう、命の危険があるときは保護してもらえるよう、小さくかわいく生まれるように。具体的に言うと、人間の母性本能に訴えかけるような微弱な信号を出している」
ドラえもんはそう言うと、首にある鈴を丸い手で指差した。
のび太たちには猫を集めるための鈴で、今は壊れていると伝えていたが、実はこういう機能も持っていたのだった。
「それと、最初の質問だけど、これはどこまで答えられるか僕にもわからないけど、実は未来から過去に来るためには特殊な資格を持つことと、申請に通る必要がある」
「特殊な資格とは?」
「僕は『特定意志薄弱児童監視指導員』という資格を持っているんだ。未来の野比家の状況が悲惨だったから勉強して取得したんだ。これを持っていると、簡単に言えば、昔ののび太くんのようなだらしない子供を指導できるのさ。ひみつ道具を持参して過去に行くことも可能になる。野比家の先祖を調べて行くと、のび太くんこそがそれに該当したんだ。さっきも言ったように過去へ行くのは旅行程度ならルールを守れば簡単に行けるようになっている。しかし、のび太くんのような児童を教育して、未来を変えようとすると、それなりの理由や資格が必要だったので、なかなか申請が通らなくて大変だったよ」
「特定意志薄弱児童監視指導員か……現在のロボット工学の第一人者がそれに該当するとはね」
「正直、僕ものび太くんにこんな才能が隠れていたなんて思わなかったよ。未来の誰かがこのことを知っていて、僕をのび太くんの元に遣わしたのかはわからない。そもそも僕がセワシくんの子守をするようになったのは、セワシくんが間違えて僕を注文したことが始まりだし、ネズミ型ロボットに耳をかじられたのも偶然だと思う。それさえ運命で決まっていたというのはどうかと思うね」
「いわゆるアカシック・レコードというものがあるのかな?」
「アカシック・レコード? ああ、この世のあらゆることが記録されているという存在かい? それは22世紀の科学でもわかっていないよ」
ドラえもんの言葉を聞き、出木杉はまた考え込むような姿勢になった。
ドラえもんはその間、お茶をすすった。
21世紀のお茶もなかなかうまい。

「さっき、未来社会でも犯罪は減ってないと言っていたけど、犯罪者もひみつ道具を使うわけだよね? そもそも、君みたいなロボットがあちこちにいるようだけど、秩序は保たれているのかい?」
「ひみつ道具はすべて規格・基準が決まっていて、当然、その中に安全基準がある。犯罪に使おうとしたら機能停止させることだってできるんだ」
「なるほど、それはそうだね……そういえば、君は地球破壊爆弾を持っていると聞いたことがあるけど」
「ははは……確かに持っているよ。でも、使おうとしたら、たぶん僕自身が機能停止するか、機械の安全装置が働くと思うね。なんなら、ここで試してみようか?」
「……それは遠慮しておくよ」
冗談で言ったつもりだったが、出木杉の顔は笑っていなかった。
「ちょっとブラックジョークすぎたかな……」
「いや、気にしないでくれ。もうひとつ質問していいかな?」
「なんだい?」
「機械で便利になる時代が訪れるのはわかったけど、そこに至るまでになんらかの抵抗や、社会問題は起こらなかったのかい?」
「エラー19640807」
「やっぱりエラーか……」
「あ……僕、今、止まっていた?」
「ああ、エラーを出していたよ。さっきとは番号が違ったけど」
「そうか……難しい質問にはやっぱり答えられないね」
「やっぱり未来のことを教えてもらえるほど甘くはないか」
出木杉は厳しくしていた表情を少し緩めた。
「一番、気になるところだよね……でも、やっぱり未来の重要なことを教えるのは難しいのだと思う」
「自分たちでなんとかしろってことか……」
「たぶん、未来にも影響することなら、未来から何か連絡が来るんじゃないかな?」
「そういえば、野比くんが君を目覚めさせるときは、未来から通達が来たよ」
「そうだろう……ということは、この問題はそう難しいことじゃないのかもね」
出木杉は腕を組んで天井を見上げた。
「僕が悲観的すぎるのかもしれないのだけど、未来へ向かって、希望的な観測ばかりできないんだよ……」

その4へ続く

二次創作・ドラえもん小説「出木杉首相とドラえもんの対話」その4
出木杉が危惧していたのは人類の未来についてだった。 どこまで話していいのか迷うドラえもん。 人類は22世紀を迎えるまでに何が起こるのか……

コメント

タイトルとURLをコピーしました