27時間テレビでキャプテン翼のアニメが放送される模様→見ましたので少し感想を

キャプテン翼ライジングサン
スポンサーリンク

翼たちがオリジナルアニメで登場

毎年、恒例のフジテレビ系列で放送される「27時間テレビ」。
始まった当初、「24時間テレビ」を放送する日本テレビ系列の読売新聞からボロカスに書かれた番組ですが、今年はスポーツがテーマとなるそうです。
そこで、なんと高橋陽一先生監修の元、キャプテン翼のオリジナルアニメが放送されるとのことです。
また、アニメ内では長友佑都選手が本人役で登場することが決まっているそうで、翼や若林、岬らとの絡みが注目されるところです。
長友選手は声優にも挑戦するとのこと。
放送日は11月3日とのことです。
また、アニメだけではなく、作者の高橋陽一先生も日本の人間国宝というコーナーに登場するそうで、仕事場などにカメラが入るようです。
漫画の製作秘話なども語られるようで、こちらも注目ですね。

スポンサーリンク

作者はいつか勲章をもらうかも……

先日はラグビーワールドカップにも絡んでいましたし、こんな企画も進んでいたなら、連載を休まないと身体が持ちませんよね。
漫画の中で、フランス代表をもっと活躍させていたら、レジオン・ド・ヌール勲章さえもらえる存在なのではないでしょうか。
偉大な人になられてしまいましたね……

長友選手はどんな役割で登場するのだろう?

しかし、翼アニメは長友選手が出るとなると、どれくらいの年齢で、どういう立場で長友選手は登場するのでしょうね?
翼たちにプロや代表の厳しさを教える役?
対戦チームの強敵?
それとも、日本代表の一員として、同じチームでプレイ?
となると、早田か石崎あたりの代わりですか……

スポンサーリンク

本業もがんばっていただきたい

まあ、想像は膨らみますが、長友選手をそれなりに活躍させないといけないでしょうから、誰か人気キャラがかませ犬役にならないか、気がかりではあります。
葵あたりが止められるならどうでもいいですが、長友のオーバーラップを三杉あたりが止められないのは、ちょっと嫌かな……
楽しみ半分、怖さ半分です。
こういうプロジェクト、たまにはいいのですが、こういうことに忙しくなって、本業の方に差し障りがないか気になります。
イベントやプロジェクトで忙しいからと言って、大ゴマ連発で、1分くらいで読めるような1話にしないでくださいね。

2019.11.04追記・見ました

短いアニメでしたが、作画は良かったです。
動きも滑らかでした。
舞台はオリンピックの決勝で、日本とブラジルが対決していていました。
3-3の同点のまま、延長後半へ。
ブラジルの7番がミドルシュートを放ちますが、若林がこれを見事キャッチ。
OA枠の長友選手が若林に声をかけ、ボールを寄越せと指示。
左サイドを駆け上がります。
そのとき、翼に対してアイコンタクト。
翼と岬の秘密特訓を見ていた長友選手は、ゴール前にいいクロスを上げたら、あの必殺技で点が取れると判断。
ふたりに上がるよう促したのでした。
ブラジルの4番の選手が止めに行きますが、長友選手はそれをかわし、「雷神のごときクロス」(エフェクトあり)をゴール前に上げ、それを翼と岬がツインオーバーヘッドキックで決めるという内容でした。
ブラジルのキーパーがサリナスだったのかどうか、後ろ姿だったのでわかりませんでしたが、一歩も動けませんでした。
決めたふたりを見て、若林が「さすがだ」のひとこと。
これが決勝戦となり、日本は金メダル獲得です。
試合終了後、長友選手が翼と岬に励ましの言葉。
「おまえたちならやってくれると思っていた」「これからのサッカー界を頼むぞ」という主旨のセリフでした。
ちなみにセリフは棒読みでした。
仕方がないとは思いますが。
あと、長友選手の奥さんとふたりの子供が何度も声援を送る姿がありました。

スポンサーリンク

私的感想

試合結果は延長の末、4-3で日本が勝つというシナリオになっていましたが、若林が3点取られていて、作者的には良かったのでしょうか?
吉良監督の胴上げシーンがあり、いつもの人気キャラたちがメダルをもらって喜んでいましたが、意外なところでは、浦辺の姿が見えました。
森崎もいたような……
特別に作られた作品でしたが、4-3でブラジルを倒して優勝というのは、現在の連載でもありえそうですね。
それと、ツインオーバーヘッドキックも、今の連載で、ドイツ相手に放つような体勢で、前回が終わっていらるので、11月6日発売のグランドジャンプで同じ技が見られるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました