今週のキャプテン翼 10/16 必殺シュートは炸裂するか!?

キャプテン翼ライジングサン

連載100回記念、巻頭カラーでした。
カラー表紙は翼と岬より左胸を抑えている三杉の姿が大きく描かれていて、なんだか意味深なふうにも見えました。

前回、石崎が翼と岬に向かって、ハイボールのパスを送ったところで終わりましたが、今週の始まりは医務室から。
弥生が観戦に戻ると言い出し、「私が淳を一生支える」と宣言。
これまた、なんだか意味深なセリフ。
大丈夫かな、三杉……

一方、すっかり忘れ去られていた若林。
病院に担ぎ込まれていて、緊急手術が始まる見込みです。
O型の血が少ないとかで、医師が血液を他の病院から取り寄せようとしますが、見上さんやホストファミリーのドレクスラー一家が全員O型だということで、俺たちの血を使ってくれとのこと。
神はまだ日本を見捨てていないということでしょうか。

スポンサーリンク

舞台はピッチへともどります。
石崎のハイボールに対し、すでに落下地点付近へと移動していた黄金コンビ。
当然、ここは必殺のハイスピードなんちゃらの体制に行くわけですが、翼にはカルツがしぶとくマークについています。
それでも、日本中からの期待を受けて、飛ぶふたり。
一方のカルツはレッドカード覚悟で翼のユニフォームをつかみに行って止めようとします。
カルツ曰く、「すでにブラジル戦で負傷したアバラは限界で、この試合に勝っても次の試合に出られるかわからない」とのこと。
それなら、意地でも止めるということらしいですが、翼も意地のパワープレイ。
なんと、ユニフォームが千切れて、カルツは振りほどかれます。
最近のユニフォーム生地って、相手につかまれにくいよう滑る素材になっていて、しかも千切れにくい素材だったように思うのですが、そこに突っ込むのは野暮というものでしょう。

スポンサーリンク

となると、ハイスピードなんちゃら炸裂か!?
……と思われたのですが、なんとここにシュナイダー。
「守備はあまりうまくない」とリバウールにけなされたシュナイダーですが、前々回、岬のシュートを防いだのと同様、シュートブロック。
しかも、オーバーヘッドのような体勢でした。
一応、解説が入っており、ひねりを加えながら飛ばないといけない翼と岬に比べ、一直線に垂直に飛べばいいシュナイダーの方が早くボールにたどりつけたとのことです。
シュナイダーの脚は大丈夫なのでしょうか?
ミューラーが反応できず、ネットを突き破り、ピッチ外の看板を凹ませたほどのシュートなわけですが……

兎にも角にも、シュートブロックに成功したドイツ。
「これで勝った」とイレブンたちは安堵の表情を見せ、「終了のホイッスルはまだか!」と叫びます。
しかし、上空に上がったボールに対し、黄金コンビのふたりはあきらめていませんでした。
なんと、ふたりして、オーバーヘッドの体勢に入っています。
ここで、今週はおしまいでした。

スポンサーリンク

ちなみにシュナイダーはオーバーヘッドの体勢でボールに飛びついたため、背中からピッチに落ちており、ブロックできそうにありません。
カルツも振り払われていますし、シェスターやマーガスはどのあたりにいるのでしょうか?
あとはタイガーボルンあたりがゴール前にいる可能性はありますが、松山のフルパワーイーグルショットを受けたあとの脚は大丈夫なのでしょうか?

黄金コンビのシュートはどうなるでしょうか?
オーバーヘッドツインシュートはゲームの世界ではあったように思いますが、漫画の中では初めてのような……
そういえば、小学生時代の決勝戦で、時間差オーバーヘッドというのがあり、若島津からゴールを奪っていましたね。
再現があるでしょうか?
それとも、とっさに新たなる技が生まれるのか……
考えてみれば、ハイスピードなんちゃらの正式名称は「ハイスピードトルネードスカイ”アルファ”」でしたね。
「アルファ」ということは「ベータ」や「ガンマ」がこれから先、出てきてもおかしくないのかもしれません。

スポンサーリンク

次回、どのようなシュートが生まれるでしょうか。
今のところ、新田フラグが回収されていないので、こぼれ球を新田が押し込む展開も考えられますが、何より三杉ですかね。
延長になるとピッチを去る可能性も考えられるだけに、最後の見せ場があるかもしれません。
オーバーヘッドといえば、彼も得意技ですし、翼と岬が空振りして、最後に三杉がシュートという「三段時間差オーバーヘッド」なんてどうでしょうか?
でも、ミューラーの腕を破壊するとなると、パワー系のシュートになる可能性が高いですかね。

いずれにせよ、次回こそはシュートが決まると思うのですが、果たして。
決まったとして、延長戦はあるのか、それとも、シュタイン対森崎の夢のPK対決が実現するのか、日本が負けないということがわかっていても、先が読めない展開にドキドキしている自分がいます。
懐かしい感覚です。
少しだけ無印時代のキャプテン翼を思い出しましたよ(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました