今週のキャプテン翼1/15 ニュージーランド代表を虐殺

キャプテン翼ライジングサン

まずはバルサの優勝パレードから始まりました。
途中、ルートを外れ、早苗のいるマンション前を通るサプライズ。
その後、早苗が日本で出産することもあり、一時南葛市へ戻ることに。
互いの家族が集まります。

英気を養ったあと、翼はオリンピック代表候補の待つメキシコへ旅立ち、33名の候補者と合流。
おなじみのメンバーたちと、存在を忘れかけていたリアルジャパンのメンバー、さらには曽我や井川なんてところもいました。
意外なところでは元天才GK中西やふらののFW小田がいました。
23名に絞られるとのことですが、誰が削られるのやら。
なんとなく、想像がつきますが……

代表選考のため、ニュージーランド代表との練習試合が三本勝負で行われました。
次藤が相手の高いクロスを阻止し、松山と三杉の中央のラインは安定。
さらには中盤の葵の運動量。
翼と岬にボールが渡ると、懐かしのゴールデンコンビのコンビプレイ。
若島津は岬からのパスをヘディングで落とすポストプレイで、日向にパス。
日向のシュートが見事に決まります。
そのあとも、いろんなパターンを試そうと翼がボランチの位置に入り、日向へドライブパス。
タイガーボレーが決まります。
2本目、3本目も日本が圧勝。
ニュージーランド代表を虐殺します。
選手は全員、公平に起用されたそうです。

そして、日本は超満員のアステカスタジアムにて、最終選考と調整を兼ねたメキシコ代表とのテストマッチに挑むのでした。
メキシコといえば、これまた忘れかけていたミラクルキーパー、エスパダスが待ち受けています。
次回、エスパダスがどのように虐殺されるか注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました