今週のキャプテン翼11/5 日本追加点

キャプテン翼ライジングサン

翼と岬の黄金コンビはオランダにも通用。
中盤を完全に支配。
あっという間に敵陣へ。
翼がドライブシュートの体勢をとります。
しかし、敵もシュートコースを狭めて来たため、パスに切り替え。
珍しい岬のシュートかと思いきや、ふたりの攻めでマークの緩んだ日向へのスルーパス。
シュートに行く日向。
しかし、そこにダヴィがタックル。
ですが、日向はかつての日向ではなく、タックルを受けてもバランスを崩しません。

昔みたいにダヴィを吹っ飛ばしてシュートとはいきませんでしたが、タックルに耐えたあと、体勢を整え、そのままボレーシュート。
これが決まって、日本3-1と前半だけで2点のリードとなりました。
日向と岬の連携を見て、吉良監督はかつて明和FCに岬が在籍していたことを思い出します。

スポンサーリンク

ハーフタイム。
後半の作戦を日本は確認。
吉良監督の指示は「攻撃は最大の防御なり」とのことでした。
次回予告には、波乱の後半戦となっており、続きが気になるところですが、作者取材のため次回は休みとのことで残念です。

日向に点を取らせたり、愛読者も忘れかけていた岬の明和時代の話を持ち出したり、今回の連載には相当有能なブレーンがついている気がします。
この調子で続けていただきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました