キャプテン翼ライジングサン、準決勝の展開を予想してみました。

キャプテン翼ライジングサン

本来なら今頃(4月上旬)、キャプテン翼マガジンの最新号が出ているはずでしたが、作者多忙で一回休み。
そこで、熱戦が続くオリンピック編の準決勝を予想して、当たるかどうか楽しみに待とうと考えました。
妄想好きな方はお付き合いください。
なお、私の予想は大概当たりません(苦笑)
以前も日本対ドイツはPK戦になるんじゃないかと読んで記事にしましたが、結果は大はずれでしたし……

キャプテン翼ライジングサン日本対ドイツ戦、PK戦になった場合の予想をしてみました。
PK戦の可能性? 2018年1月4日から、現在(2020年9月7日)に至るまで、まだ熱戦が続いている日本対ドイツ戦。 現在、延長後半残り時間わずかの状態で、日本が1点リードという状態です。 日本がチャンスを迎え、1点取りそ...

ブラジル対フランス

これはブラジルが勝つでしょう。
誰でもわかりますね。
キャプテン翼世界の年代が2000年代前半なら、当時のフランスA代表は世界最強でした。
なので、万が一の可能性もなきにあらずですが、ここまでピエールやナポレオンがストーリーに何もからんでませんからね……
ただ、フランスがブラジルを苦しめるシーンならあるのではないかと思いました。
今大会OA枠を使っていないのは、日本とドイツだけですので、フランスは使っています。
おそらくジュニアユース時代から弱点だった守備陣の強化でしょう。
テュラムならぬトラム、マケレレならぬマケロロあたりが想像されます。
あとはトレゼゲならぬトレサガが再登場し、FWを一枚強化する可能性もあります。
ですが、ブラジルを苦戦させるなら、なにより、ネタキーパーのアモロを替える必要があるでしょうね。
バルテズあたりの名前をもじったキーパーの登場を予想します。
シュミット兄弟に手こずったサンターナやナトゥレーザ。
トラムやマケロロは彼らより上と見ますが、どうでしょうか?
ピエールとポジションのかぶるジダンならぬゼダンは登場しないと読みました。

ブラジル苦戦と読んだもうひとつの理由は、疲れがあるのではないかということです。
悲願のオリンピック金メダルを狙うブラジルは、決勝までの組み合わせを考え、ドイツ戦では三大エースを休ませ、軽く流そうとしました。
しかし、結果的に激戦となりました。
その後、アルゼンチンを6-3で破っていますが、3点取られていることから、これも激戦だったと予想されます。
となると、ブラジル主力にも疲れがあるのではないかと。
ナトゥレーザでさえ、スペインリーグの試合で、翼と戦った次の試合では、疲れから引き分けに終わっていますしね。
もしかすると、リバウールは途中出場になるかもしれません。
そこに、堅くなったフランスの守備陣が立ちはだかると、少し面白い試合にならないでしょうか?
ブラジルの天才キーパー、サリナスも今大会では毎試合失点していますし、ピエールとナポレオンが1点ずつ取るんじゃないですかね。
慌てるブラジルを少し見てみたいですね。
それでも、サンターナとナトゥレーザが点を取るのは間違いないとは思いますが……
決勝点はリバウールのオーバーヘッドか、サンターナたちのフルメタルファントム炸裂ですかね。
予想スコアは4-2か3-2くらいでブラジルの勝ちということでどうでしょうか?
なお、個人的に一番恐れているのは、ブラジルが三大エース温存でフランスに勝ってしまうことです。
しかも、1ページで片付けられるとか。
ありえそうだから、怖い……

日本対スペイン

こちらも日本の勝ちは間違いないわけですが、点の取りあいになるか、ロースコアでの試合になるか読み切れません。
スペインは今大会わずか2失点。
天才キーパー、カリューシャスの活躍というより、ミカエルの活躍があるからだと思われます。
一方、日本のキーパーはおそらく若島津。
しかも、脚に軽いとはいえ、ケガを負っています。
単独で龍が見えるシュートを撃てるミカエル。
そのシュートを若島津が止められるのでしょうか?
止めてもケガが悪化するのではないでしょうか?
というのも、決勝に若林が出場するなら、若島津がキーパーとして出場できない状態にする必要があると思うからです。
ワールドユースのときを思い出してください。
「俺は若林源三のかませ犬じゃないんだ!」と机を破壊した若島津です。
ドイツ戦で大ケガをした若林にスタメンを譲るのは、なんらかの理由がないと、納得がいかないでしょう。
読者も納得がいきません。
となると、若島津が腕をケガして、今度は「FWならできるのだが……」と思わせるのが理想です。
ここで、ポイントとなるのが、ミカエルの悪魔のプレイというのが、どんなものかということです。
天使か?悪魔か?と言われるミカエルのプレイ。
私の予想では、悪魔のプレイというのは、おそらく容赦のないラフプレイ。
相手の傷口に塩を塗るような激しいプレイあると予想します。
その犠牲者になるのが若島津ではないかと……
あと、ドイツ戦で幽体離脱した三杉がスタメン出場するのかが気になります。
普通なら、大事を取ってベンチスタートでしょうが、作者は三杉をスタメン出場させ、ミカエルの悪魔のプレイで心臓病を再発させるかもしれません。
個人的には、三杉はスーパーサブ的キャラの方が見せ場があって好きではありますが、果たして……

ちなみに私のスタメン予想は、GK若島津、DF石崎、三杉、次藤、早田、MF翼、岬、松山、葵、FW日向、新田です。
三杉がもし大事を取るなら、井沢あたりに出番がありますかね。
井川が作者のお気に入りなので、前回のケガが軽傷だったですまされそうな気もしますが。
個人的には、またスイーパーになった松山を見てみたいですね。
それなら、MFには佐野かタケシを使ってみてほしいです。

試合展開としては、翼がミカエルに序盤抑えられるものの、日本が岬や松山、日向あたりを中心にボールを回し、雷獣シュートやハイスピードなんちゃらで先制。
ミカエルを本気にさせ、ミカエルが悪魔モードになると予想します。
あと、翼がセグウェイドリブルをパクるのは間違いないでしょう。
若島津はケガをしながらも、ファインプレイを見せるでしょう。
日向も点を取るでしょう。
ミカエルは何か予言などしますかね?
試合後は三杉の心臓病を治したりなんかして……
スコアは5-4か4-3くらいで日本の勝ちと見ます。

最後に

あくまで1ファンの妄想であると、再度断っておきます。
毎回、ファンの予想のはるか斜め上を行く、高橋陽一先生ですから想像もつかない展開になるかもしれません。
ですが、せめてピエールとナポレオンに見せ場を作ってやってほしいですね。
ワールドユース以来、彼らが不憫で仕方がありません。
今はとにかく6月発売予定の次号を待ちましょうか。

これまでのおさらいにどうぞ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました