キャプテン翼マガジン第11号について 紹介と感想

キャプテン翼ライジングサン

4か月ぶりに発売されたキャプテン翼マガジン第11号。
今号は付録が少し豪華だったので980円でした。
以下に第11号の内容を紹介します。

表紙

翼の横顔が描かれていました。
「本誌32P大増」と書かれていました。
ページ数もいつもより多いようです。

付録

表紙と同じ翼の横顔が描かれた特製ポリショルダーバッグでした。
450ミリ✕350ミリの大きさで、サッカースパイクが楽々入るサイズだそうです。
サッカー少年が喜びそうですが、この雑誌を買っている小学生はどれだけいるのでしょうか?
ちなみに私は将来プレミアが付くかもしれないと考え、未開封のままにしてあります。

作者と稲本潤一選手との対談

元日本代表でガンバ大阪や海外チームで活躍した稲本潤一選手と高橋先生との対談がありました。
稲本選手は高橋先生がオーナーを務める南葛SCに入団されたそうで、それを記念しての対談でもあったようです。
リアルサッカーの世界にはあまり詳しくないのですが、一部で稲本選手の移籍が話題になっていたとのこと。
対談の内容はこれまでの選手と同様、子供の頃スカイラブハリケーンを真似したとか、翼のファンだったという話でした。
高橋先生は稲本選手が南葛SCに加入してくれると聞いて、すごく驚いたそうです。

南葛SCの挑戦

作者がオーナー兼代表を務める南葛SCの紹介がされていました。
ホームタウンは葛飾を中心とした東京全体。
現在は関東リーグ1部で戦っていますが、やがてはJリーグに昇格したいとのことです。

キャプテン翼ライジングサン

お待ちかねの本編漫画です。
今月も連続3話で93ページと特盛な内容でした。
詳しくは別記事にて紹介していますので、以下のページを見てください。
注:ネタバレありです。

今月のキャプテン翼4/5 第133話「初対決!!」ネタバレあり
マドリッドオリンピック準決勝、日本対スペイン。 試合開始直後、セグウェイドリブルを始めたミカエルが翼へ向かって行きます。 いきなりの両エースの対決。 テレビ観戦中のロベルト、リバウール、サンターナ、ナトゥレーザの四人も固唾を飲んで見守...
今月のキャプテン翼4/5 第134話「MNH!!」ネタバレあり
日本のカウンター。 ドリブルを続ける岬と前線にいる新田と日向。 スペインDF陣も慌てて戻ろうとしますが、4番グランディオスが岬と日向どちらのマークにつくか迷っています。 そのとき岬の左後方にスペイン選手が。 「岬くん危ない!」と翼が...
今月のキャプテン翼4/5 第135話「無敵艦隊」ネタバレあり
前回、完璧に決まったオフサイドトラップ。 ベンチでは来生が三杉を褒めています。 三杉を呼び捨てにして、おまえなんて呼んでいますが、こういう関係でしたっけ? オフサイドトラップはスペイン対策として練習をしてきたとのこと。 攻撃に耐えて...

特別対談

作者と南葛SCのスポンサーでもある葛飾の企業ミヨシ油脂社長との対談がありました。
石けんシャンプーなどで有名なメーカーですね。
スポンサー様は大事にしないといけませんから、今後はこういう対談が増えるのですかね。

キャプテン翼メモリーズ4「最強!!明和FC伝説」

これまたお待ちかねの漫画です。
若島津と日向の初対決はどんな結果に?
最後に登場した謎の人物は若島津の兄?
前回同様、本編が長めだったせいか、こちらのページ数は少なかったです。
これも別記事にしてありますので、良かったら読んでみてください。

キャプテン翼メモリーズ4「最強明和FC伝説」vol4 ネタバレあり
今月のあらすじ 5年生の体育の授業、クラス対抗のサッカー対決。 サッカー部のストライカー日向がいるクラスが圧倒していましたが、相手クラスも空手チャンピオン若島津が空手技をサッカーに活かし反撃。 前回、守備的位置に下がった若島津に対し、...

南葛SC選手名鑑

リアル南葛SCの選手たちがひとりひとり紹介されていました。
よく見ると、聞いたことある名前の選手がちらほら。
昇格目指し、がんばっていただきましょう。

南葛SCの経営者が語る

南葛SCの経営者のひとりであるバリュエンスホールディングス株式会社社長嵜本氏のインタビュー記事がありました。
ガンバ大阪でプレイした経験もある方だそうです。
スポンサー様は大事にしないといけません……

キャプテン翼BOYS DREAM

今回から、もうひとつ漫画が増えました。
キャプテン翼の舞台を現代にしたリメイク版漫画です。
小学生編は「KIDS DREAM」として最強ジャンプで連載されていました。
中学生編を迎えたのを契機にこの雑誌へ移籍となったようです。
内容は中学3年になった翼たちが、大友中から挑発を受けるシーンでした。
無印版コミックスでは13巻あたりになりますかね。
まだ反抗的だった頃の新田が隼シュートを決めていました。
絵柄は高橋先生の描く選手より、各キャラが少し幼く見えました。

その他の記事

おなじみのイラストコーナー、プレゼントコーナー、三択クイズなどがありました。
ちなみにプレゼントの応募は雑誌に書かれているパスコードがないと応募できません。
ゲームの紹介もあり、チャービとイエニスタという新キャラが漫画同様登場するようです。
なお、最終ページに作者の言葉があり、亡くなられた水島新司先生を偲んでおられました。
草野球で水島先生のチームと何度か戦ったそうですが、一度も勝てなかったとのことです。

私的感想

今号は1日遅れで定期購読者である私の元に届きました。
当日に届いた方もいるようで、流通状況が少し良くなった模様です。
前回は4日遅れでしたからね……
今号の内容は漫画以外は南葛SCの紹介中心でしたので、リアルサッカーに興味がない人にはあまり楽しめなかったかもしれません。
けれど、高橋陽一先生が責任編集する雑誌ですから、神には逆らえません。

漫画自体は結構面白かったと思います。
本編もメモリーズも楽しめました。
「BOYS DREAM」が移籍して来たのも、もうひとつ柱ができたようでいいことだと思います。
個人的にはメモリーズも誰かに絵を任せてはと思いますが。
相変わらず、高橋先生が忙しすぎるようなので、もっと本編に集中してほしいなと。
とはいえ、今のところ次は順調なら6月に発売されるようです。
次号にも期待しましょう。

キャプテン翼マガジンですが、どこの書店もコンビニも入荷数が少ないようなので、定期購読をおすすめします。
定期購読者だけの特別なグッズ(各キャラのサインとか)がもらえたりもしますよ。
バックナンバーも手に入ります。
以下のリンクから申し込むことができます。

キャプテン翼マガジンの購入はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました